<< ツアーの利点 | main |

スポンサーサイト

0
    • 2014.05.13 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    英文読解の着眼点―言い換えと対比で解くの感想

    0
      読者に媚びない。難しいけどとにかくついてこい。

      これが、駿台文庫に対する独断と偏見に満ち溢れたイメージだ。
      数学では長岡亮介、渡辺理史「最高峰の数学へチャレンジ」
      物理では山本義隆「新・物理入門問題演習」
      化学では石川正明「新理系の化学問題100選」
      生物では吉田邦久「生物考える問題50選/100選」
      …などなど。
      まあこの趣向が望ましいものかそうでないかは難しいところだし、勝手なイメージなので例外だらけだけれど。

      この本に収録された問題は標準とは言いがたい、やや難レベルの問題演習を、言い換えと対比をメインテーマに据えて解説しています。
      昔著者の桜井師の講義を受けていた人間からすると、講義を出来るだけ忠実に再現していることがわかり、懐かしい。
      知らない方にとっては英文の構造に潜む言い換えの連続や対比の応酬にフムフムと納得しながら演習が出来るだろうと思います。

      解説のスマートさ(不足しているという意味ではない)が少し気にならないでもないですがそれはそこ、駿台のセールスポイントと良解釈して評価をつけさせて頂きました。
      英語 桜井博之

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.05.13 Tuesday
        • -
        • 12:44
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM